これから結婚式を挙げるなら知っておきたい情報

今までのタキシード

和装

結婚式では新婦はウエディングドレス、新郎はタキシードというのが恒例ですが実はこの結婚式で身に付ける衣装はタキシードの本来の意味とは異なるのです。 タキシードはイギリスではディナージャケットと言われるように夜間の衣装だということがわかります。夜の正装である燕尾服を少しだけラフにしたのがタキシードなのです。 現代の結婚式で着用されている男性用衣装は正式にはフロックコートという昼間の礼装であり、本来はダブルボタンのジャケットをシングルにしたタイプです。色は一般的にホワイト、グレー、ブラックの3色があります。 そして結婚式の場合にもタキシード着用時の組み合わせによくある蝶ネクタイや普通のネクタイが選ばれます。

最近の結婚式のタキシードは昔に比べて随分細身なデザインになっており、より美しいシルエットが浮かび上がるようにできています。丈も昔は長いタイプが主流だったのですがだんだん短くなってきており、小柄な男性でも綺麗に着こなすことができるようになりました。 これは最近の男性が細身になっていることと、なるべく体にフィットするような衣装を好み線を細く見せたい男性が増えた影響です。タキシードだけではなくスーツなどもかなり最近のものは細身にできています。 ウエディングドレスを着た新婦だけではなく新婦も綺麗にタキシードを着こなす必要が出てきたので、今後は色づかいの多様化など新婦に負けない主張の強さが出てくる傾向にあります。